Cloud Manager、Kubernetesのより優れたDashboard(前半)

Kubernetesのダッシュボードに関する記事です。長いので前半と後半に分けてお届けします。今回は前半です。

最近Kubernetesの世界に足を踏み入れたのであれば、あなたは最初にこれから課される困難に足がすくんだのではないでしょうか。あなたは、コンテナオーケストレーションについての重要なことを知り、クラウドコンピューティングを使うべきだと考えている人もいますが、あなたの毎日の仕事では、「悪魔は細部に宿る( あらゆる細部に落とし穴が潜むという意味)」ということがあります。そこであなたは次のように考えます。「…これのためのツールがあって、あれのためのツールがあるはずだ」と。そのうちに、ツールがすべてのことをしてくれなかったり、自分のやりたいことを正確にしてくれなかったり、あるいは、異なるツールの機能が広く分散しすぎていることが分かると思います。

最も広く使われている2つのツール、Kubernetesの公式コマンドラインツールであるkubectlと、Kubernetesの公式UIであるKubernetes Dashboardを例に挙げてみましょう。kubectlを使い始めてすぐに、いくつかの基本的なコマンドやオプションを覚えるだけでなく、大規模でエラーが発生しやすいYAMLマニフェストファイルを書かなければならないことが分かると思います。

Dockerイメージにバンドルされたアプリをデプロイしたいですか?!それならデプロイとポッドの仕様、サービスの仕様、設定のためのconfigmaps、バッキングデータベースのためのstatefulsetなど、さまざまな可動部分をカバーするために、1つまたは複数のマニフェストファイルを書く準備をしておきましょう。あなたのアプリがTLSで保護されたhttpsウェブプロトコルを介してアクセスされるようにしたいのですか?(NSAスキャンダルをきっかけとした風潮の変化のため、信頼性は必須です)それでは、 その後、証明書を保持して、マニフェストファイルをいくつか追加して、イングレスとシークレットの設定を開始してください。あなたのチームメイトと協力して、彼らに彼らの仕事をするための正しい権限を与えたいと思っていますか?そうです。ひらめきましたよね・・・

あなたは、コマンドラインツールの暗い洞窟を離れて、Kubernetes Dashboard UIの明るい新しい太陽に飛び込むことにしました。素晴らしくてきれいに見えますが、その後、あなたはすぐに自分ができない事が分かります。あなたのアプリやリソースのいずれかをデプロイする?! kubectlとマニフェストにフォールバックですね。複数のクラスタ?!? せいぜい再認証して、Dashboard UI を再インストールしてください。コミュニティを活用して、パッケージ化されたマーケットプレイスサービスをデプロイしたいですか?! それは別のツールです。Helmは最近かなり人気があります。アプリ用のDockerイメージを構築して、CICD(継続的な配信と統合)パイプラインをセットアップしたい?!それもまた、別のツールのセットです。

それでは先に進みましょう…*市場投入までの時間は、ほとんどのビジネスやスタートアップ企業のアイデアにとって、結局のところ「秘密のソース」となります。あなたが必要とするのは、一般的で本質的なDevOpsのワークフローを簡単にしてくれるツールです。あなたがeコマースのファンであれば、「ワンクリック」です。

Cloud Managerの登場です。シンプルで、すべてをこなすことができる、Kubernetesに代わるダッシュボードです。Cloud Managerを使えば、時間をかけすぎて最悪の事態に陥ることはありません。

Orangesys.ioでは、kuberneteの運用、DevOps、監視のお手伝いをさせていただいています。ぜひ私たちにおまかせください。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store